fc2ブログ










2024俺アカデミー賞

 全米アカデミー賞が決まりました。下馬評通り「オッペンハイマー」が強かった印象です。「哀れなるものたち」もかなり健闘していました。そして「ゴジラ-1.0」が視覚効果賞受賞という快挙を成し遂げ、日本人としては嬉しいサプライズとなりました。長編アニメーションでは宮崎駿監督の「君たちはどう生きるか」が受賞。「千と千尋の神隠し」に続き2度目の受賞となりました。
 さて、個人的にも昨年観た映画の総決算をしたいと思います。ベスト10は下記の通りです。

1.オオカミの家
pict506.jpg
2.マッドゴッド
pict479.jpg
3.怪物
pict494.jpg
4.福田村事件
pict508.jpg
5.エブリシング・エブリウェア・オール・アット・ワンス
pict483.jpg
6.フェイブルマンズ
pict482.jpg
7.
pict512.jpg
8.PERFECT DAYS
pict518.jpg
9.EO イーオー
pict497.jpg
10.対峙
pict486.jpg
10.ジョン・ウィック:コンセクエンス
pict507.jpg

作品賞 「オオカミの家」
監督賞 ダニエル・クワン、ダニエル・シャナート(「エブリシング・エブリウェア・オール・アット・ワンス」)
脚本賞 坂元裕二(「怪物」)
主演男優賞 役所広司(「PERFECT DAYS」)
主演女優賞 ケイト・ブランシェット(「TAR/ター」)

今年は独特過ぎるストップモーションアニメの怪作2本が1,2位を独占。いずれも実写では再現不可能な異彩を放つ世界観に魅了されました。10位に2本挙げてますが、どうしても絞りきることが出来ず、結果的に今年はベスト11になりました。

ジャンル俺アカデミー賞

ランキング参加中です。よろしければポチッとお願いします!

FC2ブログランキング
にほんブログ村 映画ブログへ人気ブログランキングへ
[ 2024/03/12 00:17 ] 未分類 | TB(0) | CM(0)

2023俺アカデミー賞

今年のアカデミー賞は「エブエブ」の圧勝という感じで終わりました。こういうのは流れというのがあって、賞レース序盤こそ「イニシェリン島の精霊」が先行していた印象でしたが、後半からの「エブエブ」の巻き返しが凄まじかったです。
また、一昔前ではこうしたジャンル映画が受賞するというのも考えられない事でした。そういう意味ではアカデミー賞も大分変って来たという感じがします。

さて、個人的に昨年観たベスト10を発表したいと思います。昨年観た映画は40本。コロナ渦が日常化し映画館に行く機会もいつもの頻度に戻った1年でした。そんな中でのベスト10。個人的には中々の当たり年だったと言えます。

1.戦争と女の顔
pict468.jpg

2.ベイビー・ブローカー
pict457.jpg

3.コーダ あいのうた
pict437.jpg

4.RRR
pict466.jpg

5.トップガン マーヴェリック
pict452.jpg

6.ケイコ 目を澄ませて
pict474.jpg

7.さがす
pict442.jpg

8.パワー・オブ・ザ・ドッグ
pict446.jpg

9.英雄の証明
pict449.jpg

10.フレンチ・ディスパッチ ザ・リバティ、カンザス・イヴニング・サン別冊
pict439.jpg

作品賞 「戦争と女の顔」
監督賞 S・S・ラージャマウリ(「RRR」)
脚本賞 是枝裕和(「ベイビー・ブローカー」)
主演男優賞 ケイレブ・ランドリー・ジョーンズ(「ニトラム NITRAM」)
主演女優賞 ヴィクトリア・ミロシニチェンコ、ヴェシリサ・ペレリギナ(「戦争と女の顔」)

ジャンル俺アカデミー賞


ランキング参加中です。よろしければポチッとお願いします!

FC2ブログランキング
にほんブログ村 映画ブログへ人気ブログランキングへ
[ 2023/03/13 15:40 ] 未分類 | TB(0) | CM(0)

2022俺アカデミー賞

 1年の総決算、恒例の俺デミー賞を発表をしたいと思います。

 一昨年はパンデミックの影響で余り映画館に行けず、この俺デミー賞もベスト10を敢えてつけませんでしたが、今回は久々にベスト10の発表と個別賞の発表をしたいと思います。

 とはいっても、昨年も前半は余り映画館に行けず、トータルで26本の鑑賞に留まってしまいました。後半から少しずつ足を運べるようになったとはいえ、結果的には少し名残惜しい1年となってしまいました。

 尚、本家アカデミー賞は色々なハプニングがありながらも無事開催され、「コーダ あいのうた」(2021米仏カナダ)が作品賞、脚色賞、助演男優賞を受賞。「DUNE 砂の惑星」(2021米)が最多6部門受賞。そして日本映画としては久しぶりに「ドライブ・マイ・カー」(2021日)が国際長編映画賞を受賞しました。日本人としては嬉しい限りです。

1.異端の鳥
pict414.jpg

2.ファーザー
pict416.jpg

3.プロミシング・ヤング・ウーマン
pict421.jpg

4.由宇子の天秤
pict429.jpg

5.ドライブ・マイ・カー
pict423.jpg

6.MONOS 猿と呼ばれし者たち
pict433.jpg

7.ライトハウス
pict420.jpg

8.ミナリ
pict410.jpg

9.ノマドランド
pict411.jpg

10.アイダよ、何処へ?
pict427.jpg

作品賞 「異端の鳥」
監督賞 ヴァーツラフ・マルホウル(「異端の鳥」)
脚本賞 クリストファー・ハンプトン、フロリアン・ゼレール(「ファーザー」)
主演男優賞 アンソニー・ホプキンス(「ファーザー」)
主演女優賞 フランシス・マクドーマンド(「ノマドランド」)

ジャンル俺アカデミー賞
[ 2022/03/31 00:44 ] 未分類 | TB(0) | CM(0)

2021俺アカデミー賞

全米アカデミー賞が決定しました。
去年は新型コロナの影響で映画産業に大打撃の一年となってしまいました。
そんな状況下での選考ということで、本来あるべき姿とは程遠いものだったかもしれませんが、少なくとも選出された作品はいずれも素晴らしい映画だと思っています。
ここ最近は配信会社製作による作品が強まっており、それがこのコロナ渦によって更に大きなトレンドになってきた感がします。

自分も去年は余り映画館に行けず、劇場で観たのはたったの15本。例年の半分以下でした。
そんな中で俺デミー賞を選ぶというのもはばかられるのですが、良い映画は良いときちんと評価してあげたい…という思いもあります。
今回は敢えて順位を付けず、10本を選ぶだけにしてみました。
いずれ劣らぬ傑作だと思います。

ジョジョ・ラビット


パラサイト 半地下の家族


この世界の(さらにいくつもの)片隅に


1917 命をかけた伝令


レ・ミゼラブル


ミッドサマー


劇場版ヴァイオレット・エヴァーガーデン


スパイの妻<劇場版>


Mankマンク

37セカンズ



以上となります。
今年も依然としてコロナ渦が続いており急激な状況の改善は望むべくもなく、やはり劇場へ足を運ぶ機会も少なくなりそうです。それでも幾つか気になっている作品もありますし、感染対策をしっかりしてなるべくたくさん駆け付けたいですね。

ジャンル俺アカデミー賞

ランキング参加中です。よろしければポチッとお願いします!

FC2ブログランキング
にほんブログ村 映画ブログへ人気ブログランキングへ
[ 2021/04/27 00:32 ] 未分類 | TB(0) | CM(0)

2020俺アカデミー賞

今年のアカデミー賞は「パラサイト」が作品賞、監督賞、脚本賞、インターナショナル作品賞を受賞。外国語映画で作品賞を受賞するという快挙を成し遂げました。かつてアカデミー会員はアメリカの白人が多数を占めていましたが、最近は会員規模がグローバル化しており、今回の受賞はその表れのように感じました。

さて、個人的に去年観た映画ベスト10を挙げたいと思います。去年劇場で観たのは33本。尚、ここ最近は実写邦画まで手が回らない状態が続いているのでその点はご容赦を。

1.ジョーカー


2.グリーンブック


3.サタンタンゴ

4.存在のない子供たち


5.ワンス・アポン・ア・タイム・イン・ハリウッド


6.判決、ふたつの希望


7.マリッジ・ストーリー

8.THE GUILTY/ギルティ


9.ウトヤ島、7月22日


10.CLIMAX クライマックス

作品賞:「ジョーカー」
監督賞:タル・ベーラ(「サタンタンゴ」)
脚本賞:ピーター・ファレリー、ニック・ヴァレロンガ、ブライアン・カリー(「グリーンブック」)
男優賞:フォアキン・フェニックス(「ジョーカー」)
女優賞:スカーレット・ヨハンソン(「マリッジ・ストーリー」)

「サタンタンゴ」は旧作ですが、映画体験として余りにも新鮮だったので忘れらない1本としてベスト10に入れました。
1~3位は僅差。4~6位、7~10位は順不同。

ジャンル俺アカデミー賞

ランキング参加中です。よろしければポチッとお願いします!

FC2ブログランキング
にほんブログ村 映画ブログへ人気ブログランキングへ
[ 2020/02/11 00:00 ] 未分類 | TB(0) | CM(0)






FC2 Management