FC2ブログ










4ヶ月、3週と2日

堕胎を題材にした重苦しい映画だが、サスペンスとして面白く見れる。
終始ハラハラドキドキさせられた。
pict007.jpg
「4ヶ月、3週と2日」(2007ルーマニア)星4
ジャンル人間ドラマ・ジャンルサスペンス
(あらすじ)
 1987年、独裁政権下のルーマニア。この国では堕胎は重罪である。大学生のオティリアはルームメイトのガビツァの堕胎に協力するため朝からその準備に追われていた。闇師へのコンタクト、資金集め、手術を行うホテルの予約等々。その夜は彼氏の家で母親の誕生パーティーがあるというのに、彼女はそれすらも行けなくなりそうだった。途中で幾つか思わぬトラブルに見舞われるが、どうにか全ての準備を整えいざ手術の時を迎える。その時、ガビツァの口から思わぬ言葉が漏れる‥。
DMM.comでレンタルする
goo映画


FC2ブログランキング

にほんブログ村 映画ブログへ

(レビュー)
 親友の堕胎手術に振り回される女性の姿を通して、悲しみや怒りといったものが静かに綴られている。同性が見れば安易な妊娠に嫌悪感を催すかもしれないし、逆に男性が見れば少し自戒してみたくなるような気持ちになるだろう。

 この映画では男が罪深き者として描かれている。
 堕胎手術をするヤクザな男ベベ、情けないオティリアの彼氏、ガビツァのお腹の子の父親。彼等は女性がいかに傷つきやすく脆い存在であるか少しも理解しようとせず、欲望の捌け口だけに彼女等を利用する。
 ガビツァは、その言動から決して頭の良い子ではなく、不用意に妊娠してしまったことそれ自体に責任があるので同情に値しないという気もするが、可哀想なのはその尻拭いに協力させられるオティリアの方である。彼女には何の非も無い。それなのに次々とトラブルに見舞われ女性として最大の羞恥も受ける。そこまでして何故彼女はガビツァを助けようとするのか?オティリアのこの行動力にテーマが見えてくる。
 テーマは父権社会に対する強い憤り、ということになろうか。
 これは当時の独裁政治の状況に対する批判にも繋がるが、より普遍的な捉え方をするならば、やはり男権社会に対する痛烈なアジテーションということになろう。
 ただ、このテーマをそのまま現代の日本に置き換えるのは到底無理な話であるし、恋愛関係の多様化が起きている昨今、そのまま素直に受け入れるのはかなり困難だと思う。男尊女卑の社会が過去にあったことは誰もが認めるところであるし、こういった悲劇が二度とあってはならない‥というような教訓をこの作品から得るられれば良いと思う。

 そういった社会派的なテーマとは別にして、オリティアの一日を追うドラマは実に緊張感に満ちていて、本作は純粋にサスペンス映画として観ても十分い面白い。この緊迫感、切迫感は手持ちカメラ主体のドキュメンタリータッチの成せる技であろう。ホテルの部屋で堕胎するシークエンス、ホームパーティーにおける長回しなどは、オティリアの恐怖や苛立ちといった感情がビンビンと伝わってくる。まるで、その現場に自分が居合わせるかのような錯覚に襲われ、画面に釘付けになってしまった。
 また、小道具を含めた伏線の絡ませ方もサスペンスを上手く盛り上げている。

 ちなみに、最近これと似たような設定でM・リーが監督した「ヴェラ・ドレイク」(2004仏英ニュージーランド)という作品があった。堕胎という題材については、本作の方がより突き詰められている感じがした。それゆえ、非情に重苦しいので見ていてかなり辛い映画でもある。
・4ヶ月、3週と2日@映画生活
[ 2008/04/11 17:56 ] ジャンル人間ドラマ | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://arino2.blog31.fc2.com/tb.php/141-623b92e3