FC2ブログ










おとなのけんか

切れ味鋭いワン・シチュエーション型コメディ。小品ながら見応えがある。
おとなのけんか [Blu-ray]
ソニー・ピクチャーズエンタテインメント (2012-12-19)
売り上げランキング: 21,399

「おとなのけんか」(2011米)star4.gif
ジャンルコメディ
(あらすじ)
 少年同士が喧嘩になり、片方の少年が前歯を折る大怪我を負った。加害者の両親カウアン夫妻が被害者の両親ロングストリート夫妻の家に謝罪に訪れた。最初は和解の話し合いが行われるが、次第に両者は感情をヒートアップさせ‥。

ランキング参加中です。よろしければポチッとお願いします!

FC2ブログランキング
にほんブログ村 映画ブログへ人気ブログランキングへ


(レビュー)
 子供の喧嘩で和解に集まった大人たちが、次第に感情を爆発させていくシニカルなシチュエーション・コメディ。上映時間80分弱、主要人物がたったの4人という小品ながら、一瞬も隙のない完成度の高い作品に仕上がっている。

 尚、今作は戯曲の映画化である。その原作者が今回の脚本も手掛けている。したがって、自分は戯曲の方は知らないが、原作者が脚本作りに入っていることから、おそらく元々の戯曲からそう遠くかけ離れたものではないのだろう。こういうのは何となく信頼できる。

 監督はR・ポランスキー。彼はかつては大作志向の強い作品も手掛けていたこともあったが、ここ最近は割と小さなバジェットで独創性の強い創作を行っている。年齢的にはかなりのお年を召していて、そうそう大きな作品を撮ることも出来なくなってきたのかもしれない。体力的な問題は当然あろう。そして、今回はここ最近の小さな作品作りの究極系という感じがした。映画は何もお金をかければ面白いものができるわけではない。それを実証して見せているかのようで、感心させられた。

 物語は、公園で少年同士が喧嘩をするところから始まる。その後、被害者の少年の両親宅に加害者の両親が訪ねるというシチュエーションに切り替わる。以降、映画は全編この部屋を舞台にした会話劇で展開される。

 最初は穏やかに話し合いが行われるが、被害者の両親はどうしても気持ちがおさまらず、つい皮肉を口にしてしまう。それにカチンときた加害者の両親が、売り言葉に買い言葉で皮肉を言い返す。こうして互いのいがみ合いが過熱していく。後半は、子供の喧嘩そっちのけで、もはや個人的な喧嘩になってしまう。それが恐ろしいやら可笑しいやら‥。今作はこの過程が実に丁寧に表現されていて、終始面白く見れた。

 例えば、途中で夫と妻が夫々の立場を忘れて共闘していく場面がある。男は男同士で葉巻を吸って酒を飲み、女は女同士で主婦の不満を夫たちにつらつらと述べ始める。この加害者側と被害者側の人間が捻じれていく様は、傍から見ればまったくもって愚かしいことである。しかし、ここには男女の性差がはっきりと見て取れて、一定のリアリティも感じられた。

 また、この映画はラストが秀逸である。ここに、この映画のメッセージが集約されていると思った。ポランスキーらしい痛烈なメッセージにニヤリとさせられた。

 この映画には様々な小道具が登場してくるが、その使い方にも感心させられた。高価な画集、花、ドライヤー、高級な酒、ハムスター、携帯電話、市販薬、そして時々電話をかけてくる被害者の祖母。これらがストーリーを揺さぶる役割を巧妙に果たし、本来、平板になってもおかしくないワン・シチュエーションのリアル・タイム・ドラマに上手に緩急をつけている。その使い方は実に洗練されている。

 個々のキャラクターもシンプルに造形されていて良いと思った。被害者の両親はどちらかというと、中流階級の夫婦で、夫は昔気質の商人、妻は平凡な主婦業から抜け出したいと願っているリベラルな女性である。一方、加害者の両親は、夫がやり手の弁護士で、妻は投資ブローカーである。被害者の両親に比べれば裕福な有識者で、この格差が夫々の嫉妬、この喧嘩の元凶になっているような気がした。自然と皮肉混じりな会話になってしまうのも当然で、腹の底では互いを快く思っていないのであろう。

 キャストの好演も見逃せない。加害者夫婦役はC・ヴァルツとK・ウィンスレット、被害者夫婦役はジョン・C・ライリーとJ・フォスターがそれぞれ演じている。肩の力を抜いた演技が好印象である。ただ、終盤でJ・フォスターが鬼気迫る熱演を見せている。これはこれで逆に笑ってしまった。周囲からは明らかに浮いた熱演であり、そのギャップが余計に可笑しかった。
[ 2015/06/02 01:16 ] ジャンルコメディ | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://arino2.blog31.fc2.com/tb.php/1413-e895a2b1