FC2ブログ










ガートルード

先日見た「奇跡」に続き同じドライヤーの作品「ガートルード」を見た。
ガートルードガートルード
(2002/02/22)
ニーナ・ペンス・ローデ、エッベ・ローデ 他

商品詳細を見る

「ガートルード」(1964デンマーク)hoshi2.gif
(あらすじ)
 弁護士の妻ガートルードは、仕事しか頭にない夫カニングに不満を感じていた。離婚を突きつけ、若き音楽家エルランドとの恋に生きようとする。しかし、夫の懇願に負けた彼女は、詩人でかつての恋人リートマンのパーティーに仕方なく同伴出席することになった。一方、リートマンはそんな事情も知らずにガートルードに言い寄ってくる。彼女はそれを袖に振りエルランドの元へ走るのだが、当のエルランドにも事情があり‥。
映画生活


FC2ブログランキング

にほんブログ村 映画ブログへ


(レビュー)
 愛を求め愛に翻弄される女を冷徹に描いた愛憎ドラマ。

 監督はC・ドライヤー。実に特異な演出の上にこの作品は成り立っている。抑揚を押し殺したロングテイクが続き、俳優達は視線を交わすことなく会話に没頭する。画面の手前や外を見ながら常に硬直した演技をしているのだ。セリフに感情的な言葉は入っているものの、常に能面的な表情なため奇異に見える。特にガートルードに至っては、一体この女に魂は入っているのか?と疑いたくなってしまうほどの無表情振りだ。

 もちろんこれはドライヤーの狙いでもある。ガートルードはリートマン、カニング、そしてエルランドといった男達を次々と愛してきたが、いずれも幸せを得られなかった。その虚無感が能面的な表情となって表れているのだろう。

 映画表現の方法として認められるべきものかどうかは意見の分かれるところであるが、非常に特異な作品であることは間違いない。

 一方、物語はいたって凡庸な不倫劇に終始する。本当についでに‥という程度のもので、ドラマそのものには余り関心はもてなかった。

 どころで、”ガートルード”というと「ハムレット」のデンマーク王妃ガートルードが思い出されるが、このネーミングは単なる偶然ではないだろう。「ハムレット」のガートルードも、ある意味では愛に溺れ悲惨な末路を辿る女だった。共に悲劇を背負ったヒロインであるところが共通していて興味深い。
[ 2008/04/15 15:09 ] ジャンル人間ドラマ | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://arino2.blog31.fc2.com/tb.php/143-4431dc6c