fc2ブログ










君はひとりじゃない

霊的現象を交えたところがユニーク。

「君はひとりじゃない」(2015ポーランド)星3
ジャンル人間ドラマ・ジャンルサスペンス
(あらすじ)
 妻を亡くした検察官のヤヌシュは娘オルガと喪に服しながら暮らしていた。ある日、オルガが摂食障害を患い倒れてしまう。ヤヌシュは彼女を精神病院へ入院させることにした。そこにはセラピストのアンナがいた。彼女もまた赤ん坊を無くした孤独な女性だった。ヤヌシュはアンナと次第に交友していくのだが…。

ランキング参加中です。よろしければポチッとお願いします!

FC2ブログランキング
にほんブログ村 映画ブログへ人気ブログランキングへ

(レビュー)
 孤独な者同士が支えあいながら故人の死から立ち直っていく姿を、スピリチュアルな描写を交えながら描いた人間ドラマ。

 霊媒師アンナの存在が印象的で、彼女がいることでこの映画は随分と特異なドラマになっている。いわゆる喪の仕事を描くドラマではあるのだが、少し毛色の異なったスリラー映画的趣が増すようになる。

 例えば、ヤヌシュが妻の霊を感知するシーンが何度か登場してくる。部屋の電気が消えたり、音楽が突然なったり、ドアがひとりでに開いたり等。
 また、アンナは霊媒師なので、たびたび死者を目撃する。エレベータで遭遇する子供の幽霊や、自動車事故で亡くなったであろう女の幽霊等。ぱっと見は生きてる人間と何ら変わらない姿をしているのだが、彼らを見たアンナのリアクションを見れば分かる。それらは明らかに幽霊なのだ。

 こうした少しホラー映画的な演出が施されることによって不穏で異様なトーンが蔓延することになり、この作品は全体的にユニークな作りになっている。

 また、ヤヌシュは検察官という仕事柄、殺人現場によく足を運ぶ。
 何しろ映画の冒頭は、彼が首吊り死体を発見するシーンから始まる。この他にも、トイレに遺棄された新生児の遺体や強盗殺人の被害者の死体等。直接的な映像表現は無いのだが結構グロテスクなエピソードが登場してきて、これらも不気味な雰囲気を付与している。

 無論こうした陰惨でオカルト的な演出やエピソードは、単に意味もなく出てくるわけではない。これらは非常に重要な意味を持っている。
 つまり、ヤヌシュたちが未だに愛する人の死に囚われている…ということを、様々な死の場面や霊的な場面を通して暗に示しているのだ。

 そして、こうした”死”の匂いやトーンが続くことで、映画は最後に”生”というカタルシスを見事に呼び込むに至っている。愛する人の死を受け入れ新たな人生を闊歩するという希望に満ちたメッセージが感動的に謡いあげられている。
 全体的に不穏なトーンが続く作品であるが、最後はホッと安堵するような締めくくり方になっているので後味は決して悪くはない。喪の仕事を描くドラマとして至極まっとうにできていると思た。

 但し、自分にとっては、このラストは今一つ釈然としない部分もあった。
 まず、アンヌがラストカットでは姿が消えている。一体これはどういうことを意味しているのだろうか?いくら考えても分からない。

 もう一つは、かなりあっけない終わり方に思えた。
 これで本当にヤヌシュとオルガは”死”から解放されて父娘の絆を取り戻すことができたのだろうか?もしかしたら一時の平穏でしかなく、二人の険悪な関係は今後も続くのではないか?そんな不安が残った。

 どっちに解釈しても良いという製作サイドの狙いなのだろうが、個人的には今一つ釈然とせず少し勿体なく感じた。
[ 2019/11/29 00:22 ] ジャンル人間ドラマ | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://arino2.blog31.fc2.com/tb.php/1772-5bcb128c