FC2ブログ










ジョジョ・ラビット

空想のヒトラーを友達に持った少年の成長ドラマ。健やかで愛らしい作品。
pict395.jpg
「ジョジョ・ラビット」(2019米独)star4.gif
ジャンル戦争・ジャンル青春ドラマ・ジャンルコメディ
(あらすじ)
 第二次世界大戦下のドイツ。母ロージーと暮らす10歳の少年ジョジョは、憧れのヒトラーユーゲントの合宿に参加する。ところが、訓練中に大怪我してしまい除隊を余儀なくされる。想像上の友だちであるアドルフに慰められながら、鬱屈した日々を送っていたある日、彼は自宅の亡き姉の隠し部屋にユダヤ人少女エルサを見つける。

ランキング参加中です。よろしければポチッとお願いします!

FC2ブログランキング
にほんブログ村 映画ブログへ人気ブログランキングへ

(レビュー)
 狂信的なナチズム少年とユダヤ人少女の交友をユーモアを交えながら描いた感動のヒューマン・コメディ。

 戦争の悲惨さをかなりオブラートに包んで描いているので、余り重苦しくはない。個人的にはもう少し戦争の現実を突きつけるような場面があっても良かったような気がしたが、そこは明快なエンターテインメントに割り切ったのだろう。

 ただ、ヒトラーを少年のイマジナリー・フレンドとして登場させたことは、かなり野心的と言える。映画におけるヒトラーはたいてい悪役的なポジションに置かれることが多いが、ここでは主人公の想像上の友人である。しかも、主人公が根っからのナチズムというのもかなりぶっ飛んでいる。

 物語前半は、ジョジョの訓練風景や母ロージーとの暮らし振り、ユダヤ人少女エルサとの交流を綴りながら、彼の戦争に対する漠然としたカッコいいという憧れをシニカルに描いている。
 しかし、後半から徐々に戦争の悲惨さが前面に出てくるようになる。敗戦濃厚となっていく中、幼い親友ヨーキーも戦地へ赴き、優しく慈しみ深かった母ロージーは悲惨な運命を辿り、エルサはユダヤ人狩りの標的となってしまう。数多ある戦争映画ではお馴染みのネタであるが、前半とは違ったテイストに変貌していく。

 もっとも、先述したように基本的にはコメディなので、ジョジョの周囲には常に愛が溢れており、それによってある種”優しい世界”が成立している。なので、どこかに必ず救いがあるので決して嫌な後味は残らない。
 例えば、ヒトラーユーゲントの指揮官キャプテン・Kなどは表立っては厳しい将校であるが、心根は優しい男である。彼によってジョジョとエルサは随分と助けられた。

 やがて戦争の現実を目の当たりにするジョジョは、それまでの盲目的なナチズム思考を改め、自分で物事を考える一人の自律した少年へと成長していく。成長物語として実にオーソドックスに構成されており、誰が見ても感情移入もしやすいドラマとなっている。
 また、エルサに対する淡い恋心も、実に微笑ましく、観ているこちらも自然と応援したくなるような、そんな愛おしさに溢れていた。

 共同製作・監督・脚本はタイカ・ワイティティ。未見であるが「マイティ・ソー バトルロイヤル」(2017米)等の監督を務める一方で、俳優としてもいくつかの映画に出演している多芸な映画人である。本作ではヒトラー役として出演もしている。

 「マイティ・ソー~」などは、明らかにブロック・バスターなエンタメ作品なので、どちらかと言うと雇われ監督だったのだろうが、今回は原作があるとはいえ本人が脚本も書いていることもあり、彼本来の作家性が出た作品なのかもしれない。

 彼のインタビュー記事を読んだが、中々骨のある作家だと思った。今作で戦争のバカバカしさを描きたかったのだそうだ。普通の作家であればシビアに描くところを彼は敢えてコメディとして料理したところに、他の作家とは違う大胆さがうかがえる。尚。原作はもっとシリアスな内容で、ヒトラーのイマジナリー・フレンドも登場してこないということだ。
 このアイディア一つとってみても彼の作家としての才能がよく分かる。見ようによっては、かなり危い題材であるが、それを難なくエンタメに仕上げてしまう手腕も大したものである。

 演出もよく計算されていて、言葉に出さない”愛”の表現方法などは素晴らしかった。キャプテン・Kの優しさ、ジョジョのエルサに対する手紙、それを無言で受け止めるエルサの殊勝さなどは中々味わい深かった。
 また、ロージーの靴の表現方法も素晴らしかった。
 こうした懐の深い演出ができるあたりに、監督としての才能が感じられる。
 
 キャスト陣の妙演も見逃せない。
 中でも、母ロージーを演じたS・ヨハンソンが印象に残った。家を留守がちにしているので何か秘密があると思ったら、裏ではそんな事をしていたのか…ということが分かり感動させられる。ヨハンソンは強い女性を演じることが多いが、ここでも勇気、慈愛をのびのびと表現している。
 また、キャプテン・Kを演じたサム・ロックウェルもいい味を出していた。「スリー・ビルボード」(2017米)に続く”もうけ役”と言えよう。
[ 2020/01/20 11:12 ] ジャンル戦争 | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://arino2.blog31.fc2.com/tb.php/1783-e9cb3538