FC2ブログ










レンブラントの夜警

P・グリーナウェイという監督は実にユニークな監督だ。
一番最初に見たのが「コックと泥棒、その妻と愛人」だったのだが、そのインパクトが余りにも強烈だったため、以降彼の作品を追いかけるようになった。
もっとも、最近の作品はノーチェックなんだけど‥(汗)
そんなわけで、久しぶりの彼の新作が来たというので見てきました。
レンブラントの夜警


「レンブラントの夜警」(2007英仏独カナダオランダポーランド)星3
ジャンル人間ドラマ・ジャンルサスペンス
(あらすじ)
 1642年のアムステルダム。肖像画家として有名だったレンブラントは、妻サスキアとの間に長男をもうけ幸せの絶頂にいた。ある日、オランダ市警団から集団肖像画製作の依頼を受ける。最初は乗り気ではなかったが、愛するサスキアの勧めでその仕事に着手した。そんなある日、市警団の隊長ハッセブルルグが訓練中に事故死した。実はその死には恐るべき陰謀が隠されていた。レンブラントはその謎に踏み込んでいくようになる。
DMM.comでレンタルする
goo映画
映画生活


FC2ブログランキング

にほんブログ村 映画ブログへ

(レビュー)
 17世紀を代表するオランダの画家レンブラント・ファン・レインの半生を、代表作「夜警」に込められた謎を絡めながら描いた作品。

 監督脚本は、スキャンダラスな内容でたびたび物議をかもし出す鬼才P・グリーナウェイ。

 物語は、サスキアを含めた3人の女性の登場でレンブラントの私生活が赤裸々に綴られていく。ただ、個人的には「夜警」誕生にまつわるミステリーの方に重点を置いて欲しかった。この謎解き自体グリーナウェイの仮説に過ぎないのだが、中々興味深く見ることが出来ただけに非常に残念である。尚、絵画「夜警」についてはこちらを参照のこと。

 さて、グリーナウェイ作品の特徴と言えば、何と言っても絵画的視点で捉えた映像センスに尽きるだろう。本作ではレンブラントの「夜警」よろしく深みのある”闇”の表現が冴え渡っている。

 更に、画面を舞台とみなすかのような特異な演出も本作では目に付く。これは絵画的視点の延長線上にあると言っていいだろう。
 冒頭のレンブラントが見る悪夢シーンに始まり、市警団を交えた夕食会のシーン、レンブラント自らがカメラに向かって話し掛けるシーン(これには違和感を覚えてしまうが‥)等。これまでのグリーナウェイ作品にも、事象をワンショットで切り取る舞台劇のような演出はあったが、本作ではそれが顕著に見られる。西洋絵画をこよなく愛するグリーナウェイだが、最近ではオペラにも関心があるようで、その辺りの嗜好がダイレクトに反映されていると思った。
 
 ただ、この演出は諸刃の刃のような気がする。ことのほか凝った映像を多用されると、見ているこちらとしては少々辟易してしまうのも事実で、過去作品に比べると単なる乱用にも見えかねない。演技はもちろん計算づくで大仰になっているし、暴力とセックスといったグリーナウェイ映画のエッセンスも当然そこに入ってくるわけで、随分とコッテリとした後味になってしまう。

 元来、グリーナウェイの映画はこの過剰で作為的な演出、悪意とも取れる汚辱にまみれたシーンをまざまざと見せつける所に破壊力があるのだが、ここまでしてもやはり過去の傑作「コックと泥棒、その妻と愛人」(1989英仏)や「ZOO」(1985英)の衝撃度は超えることは出来ていない。要するに、乱用による感覚麻痺を起こすからで、どんなに過激な映像が並べられても余りインパクトが無いのである。一言で言えば、映画全体を考えた効果的な演出配分、バランスの問題だろう。
[ 2008/02/06 04:35 ] ジャンル人間ドラマ | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://arino2.blog31.fc2.com/tb.php/18-8116bf92