fc2ブログ










アンダードッグ

pict2_287.jpg
「アンダードッグ」(2020日)star4.gif
ジャンルスポーツ・ジャンル人間ドラマ
(あらすじ)
 かつて日本タイトルにあと一歩まで迫りながらも、今は“かませ犬”としてリングに上がり続ける末永は自堕落な生活を送っていた。一方、養護施設出身の若き天才ボクサー大村は順風満帆な日々を送っていた。彼は落ちぶれた末永に辛らつな言葉を投げかけながら、何故か放っておけなかった。その頃、売れない芸人宮木はテレビ番組の企画でボクシングに挑むことになる。その対戦相手に末永が選ばれるのだが…。

ランキング参加中です。よろしければポチッとお願いします!

FC2ブログランキング
にほんブログ村 映画ブログへ人気ブログランキングへ

(レビュー)
 かませ犬としてリングに上がり続ける落ち目のボクサー、前途洋々な若き天才ボクサー、番組のためにボクシングを始める売れない芸人。夫々のボクシングにかける思いをエネルギッシュに描いた作品。

 尚、本作はABEMAプレミアムで全8話で配信された作品を元にした劇場版である。前後編の2部作で公開され、計4時間半越えの大作である。配信版は未見だが、今回は劇場版の方を鑑賞した。

 監督、脚本は「百円の恋」(2014日)の武正晴と足立紳のコンビ。奇しくも今回もボクシングを題材にした作品であるが、女性ボクサーが主人公だった前作と違って、今回は3人の男性を主人公とした群像劇になっている。

 かつての栄光にしがみつく落ち目のボクサー末永。才能に恵まれた若き天才ボクサー大村。大物俳優を父に持ち売れない芸人をしている宮木。夫々がリングで戦う意味を見出していくまでのドラマをハードに活写している。

 前編は主に末永と宮木の戦い、後編は末永と大村の戦いとなっている。
 ファイトシーンが劇画タッチに拠りすぎて「百円の恋」と比べて若干リアリティに欠ける気がしたが、前作とはまた違った見応えを感じた。特に、後編の末永と大村の戦いは白眉の出来栄えで、観てて自然と手に汗握ってしまった。

 末永、大村、宮木、夫々のドラマも見応え十分である。

 まず、末永は妻に見捨てられた甲斐性無しで、かつての栄光はどこへやら。今ではデリヘル嬢の送迎をしながら日銭を稼ぐ落伍者に落ちぶれている。唯一の楽しみは別れた幼い息子との面会だけ。そんな息子の前で恥をかけないと、再びリングに上がる決心をするのだが…。
 やがて、宮木とのエキシビジョンマッチが組まれるのだが、これはテレビ番組の企画ありきで始まったもので、末永は当然負け役を演じさせられることになる。しかし、このまま負け続けの人生で良いのか?という思いが末永の中でふつふつと芽生えていく。

 一方、対戦相手の宮木にもドラマは用意されている。親の七光りで入った芸能界だが、そのプレッシャーに押しつぶされて目が出ず、引退をかけて今回のボクシング企画に挑戦する。周囲からは軽く見られがちな彼にとって、この戦いだけは本気の勝負という思いを強くし、いざリングに上がるのだが…。こちらも後がない崖っぷちの人生で見応えを感じた。

 そして、才能あふれた大村は、身重の新妻に支えられながら順風満帆なボクサー人生を歩んでいる。ところが、そんな彼も思わぬアクシデントに見舞われ、チャンピオンになる夢を閉ざされてしまう。再起をかけて末永との戦いに挑むのだが…というのが後編のクライマックスとなる。

 4時間半という長さもあり三者のバックストーリーは濃密に筆致されており、大変面白く観ることができた。
 また、メインの3人以外のキャラクターがユーモラスに描写されているおかげで、陰鬱になりがちなドラマも嫌味なく観れる。
 末永とデリヘル嬢・明美とのやり取りも淫靡になりすぎずクールに抑制されており、この辺りも中々スマートに処理されていると感心した。

 そして、ドラマに息吹を吹き込んだキャスト陣の熱演も見逃せない。
 何と言っても、末永を演じた森山未來の体を張った役作りが凄まじい。この荒んだ佇まいは「苦役列車」(2012日)の主人公と被る部分もあるが、こちらは肉体的なストイックさが求められる分、ただ単に落伍者というだけでは務まらない役所である。内に秘めたる芯の強さが静かに体現されており感心した。
 大村を演じた北村匠海、宮木を演じた勝地涼も夫々に森山に劣らぬ熱演を見せている。

 本作で一つだけ気にいらなかったのは、宮木が出演するバラエティ番組に関する描写であろうか…。これが少し冗長に感じた。もしかしたら配信元との絡みから忖度したのではないか…と勝手に穿ってしまったのだが、果たして…。
[ 2023/11/04 00:01 ] ジャンル人間ドラマ | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://arino2.blog31.fc2.com/tb.php/2255-354457c8