fc2ブログ










リバー・オブ・グラス

「リバー・オブ・グラス」(1994米)star4.gif
ジャンルサスペンス・ジャンル人間ドラマ
(あらすじ)
 フロリダ郊外で暮らす30歳の主婦コージーは、退屈な日々に不満を募らせていた。ある日、地元のバーへ出かけた彼女は、うだつの上がらない男リーと出会い親しくなっていく。

ランキング参加中です。よろしければポチッとお願いします!

FC2ブログランキング
にほんブログ村 映画ブログへ人気ブログランキングへ

(レビュー)
 平凡な主婦がヤクザな男と逃避行を繰り広げる異色のクライムドラマ。

 コージーは幼い頃に母を失い、現在は警官をしている父親と幼い子供と暮らしている。夫や子供に対する愛情はなく、夢や希望もなく、ただ漫然とやり過ごすだけの日々を送っている。そして、いつかこんな退屈な日常から抜け出そうと、未だ見ぬ世界を夢想している。

 物語は主に3つの視点を交錯させながら展開されていく。
 一つ目はヒロインのコージーの視点。二つ目は、拳銃を落とした彼女の父親の視点。そして、三つ目はその拳銃を拾ったリーの視点である。最初は物語の視点が定まらず取っつきにくい印象を受けたが、拳銃をきっかけに夫々のドラマが繋がるあたりから徐々に面白く観れるようになった。

 そして、ある晩、事件は起こる。リーと一緒にコージーが誤って、その拳銃を発砲してしまうのだ。こうして二人は警察に追われる身となる。

 コージーはこの銃が父親の物であることを全く知らないというところがミソで、おそらくこの銃には父親の呪縛というような意味が込められているのだろう。

 こうして、二人は故郷を出て逃避行の旅に出るのだが、その先でコージーは更なる皮肉的な運命と対峙することになる。

 監督、脚本は新鋭ケリー・ライカート。本作は彼女の長編監督デビュー作である。現在まで精力的に活動しているが、基本的にはインディペンデントを主戦場とした作家である。

 本作は話の筋からしていかにもアメリカン・ニューシネマ的な匂いを感じさせるが、演出自体はカラッとしたテイストでまとめられており、余り湿っぽくないところが観やすい。
 また、物語の舞台が陽光溢れる南フロリダというのも関係しているだろう。作品の雰囲気を必要以上に暗くしていない。

 そんな中、印象に残ったのは、コージーが自らの過去や鬱屈した感情を語るモノローグ演出だった。
 本来こういう演出は余り好みではないのだが、今作の場合は不思議と余り嫌な感じは受けなかった。それは映像が全体的にミニマルに構成されているからなのかもしれない。回想はドキュメンタリー風なモノクロ映像で表現され、そこに被さる彼女の告白は、どこか詩的にさえ感じられた。

 そして、本作でもっと印象に残ったのは終盤のコージーの”決断”だった。普通であればそこに至るまでに、彼女の葛藤をじっくりと描いてしかるべきであるが、本作は実にあっけらかんと処理している。観ているこちらとしては、彼女の感情の動きが何も分からないまま、その”決断”を目の当たりにするわけで、これはかなり大きな衝撃である。

 更に、ラストの拳銃のカットも、それが父親の呪縛と捉えるならば、多分に暗喩が込められたカットと言えよう。コージーの旅を切れ味鋭く締めくくっていて見事と言うほかない。
[ 2023/10/10 00:22 ] ジャンルサスペンス | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://arino2.blog31.fc2.com/tb.php/2275-0aa5240d