fc2ブログ










クライムズ・オブ・ザ・フューチャー

pict509.jpg
「クライムズ・オブ・ザ・フューチャー」(2022カナダギリシャ)star4.gif
ジャンルSF・ジャンルサスペンス
(あらすじ)
 人類が痛みや感染症を克服した近未来。ソールは体内で生み出された新しい臓器をパートナーのカプリースに摘出させるアート・パフォーマンスを披露していた。ある日、ソールにラングという男が接触してくる。彼は一人息子を死なせてしまい、その死体を使ったアートパフォーマンスの話を持ち掛けてくるのだが…。

ランキング参加中です。よろしければポチッとお願いします!

FC2ブログランキング
にほんブログ村 映画ブログへ人気ブログランキングへ

(レビュー)
 人類の肉体進化が進む近未来を舞台に、アートパフォーマンスを生業とする男が悪夢のような体験をしていくSFクライム・サスペンス。

 監督、脚本は鬼才デヴィッド・クローネンバーグ。
 昨今は「マップ・トゥ・ザ・スターズ」(2014カナダ米独仏)「コズモポリス」(2012カナダ仏)と少し地味な作品が続いていたが、今回は「スキャナーズ」(1981カナダ)や「ビデオドローム」(1982カナダ)といった、ある種見世物映画的な面白さを追求した初期作品のテイストに回帰している。個人的にクローネンバーグと言えば、やはりこの頃の作品に最も衝撃を受けた口なので、その流れを組む本作は大変面白く観ることができた。

 尚、彼の長編2作目「クライム・オブ・ザ・フーチャー/未来犯罪の確立」(1970カナダ)とタイトルが被るがストーリー的な繋がりはない。
 ただ、近未来を舞台にしたこと、肉体の変容をモチーフにしていること、それを利用したカルト組織が暗躍するなど、幾つか本作に繋がる要素も見て取れる。両作品を見比べてみると面白い発見があるかもしれない。

 それにしても、画面に登場する数々の奇妙な”マシン”の造形が悉くユニークで観てて飽きなかった。
 ソールは度重なるパフォーマンスの副作用でまともに食事すら摂れない体になっている。それを補助するために奇妙な形をした椅子が登場してくる。彼がそれに座って食事をするシーンが何度か出てくるが、どこか生物的な匂いを感じさせるそのビジュアルに少し笑ってしまった。このユーモラスな薄気味悪さは如何にもクローネンバーグらしい。
 あるいは、手術をする際に使用するインターフェースも機械と言うよりも生物的で、同監督作「裸のランチ」(1991カナダ英)に登場するゴキブリ型のタイプライターを連想してしまった。ハイテクでありながらアナログ感を残した造形が面白い。

 また、物語は全人類に関わるようなスケールの大きさでありながら、政府機関やカルト組織、登場人物を含めかなりミニマルに限定されている。全体的に背景がボカされているため説明不足な感が否めず、いささか箱庭感を覚えるが、これも狙ってやっているのだろう。予算的な事情も関係しているのだろうが、それ以上に世界観のリアリティを排除することによって敢えて寓話として描くことで作品の普遍性を追求しているような気がした。

 環境破壊、食料問題、感覚麻痺に陥ることで本来の人間性を失ってしまう人類の未来といったものが、本ドラマの根底から読み取れた。

 グロテスクなアートパフォーマンスも、文化の行きつく先を皮肉を込めて描いているような気がしてならない。芸術と娯楽の境目が無くなってしまうことの危険性、警鐘が、クローネンバーグの中にあるのかもしれない。

[ 2023/10/08 00:12 ] ジャンルサスペンス | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://arino2.blog31.fc2.com/tb.php/2309-7e5d83b3