fc2ブログ










ニーゼと光のアトリエ

pict2_338.jpg
「ニーゼと光のアトリエ」(2015ブラジル)star4.gif
ジャンル人間ドラマ
(あらすじ)
 1944年のブラジル。リオデジャネイロの精神病院で働くことになったニーゼ・ダ・シルヴェイラは、同僚医師が当たり前のように行う電気ショック療法に心を痛め、暴力的な治療を否定する。周囲の反感を押し切って、彼女は独自の療法で患者たちに接していくのだが…。
ランキング参加中です。よろしければポチッとお願いします!

FC2ブログランキング
にほんブログ村 映画ブログへ人気ブログランキングへ

(レビュー)
 ”芸術療法”を始めて提唱した実在の人物ニーゼ・ダ・シルヴェイラの苦闘を描いた実話の映画化。

 ニーゼは精神病患者を非人道的に扱う当時の病院のやり方に反発し、一人一人の人間性を尊重した新たな治療法を提唱する。それが本作のテーマになっている”芸術療法”である。
 自分は知らなかったのだが、”芸術療法”は今では広く浸透しており、現在日本では民間資格の心理療法として採用されているそうである。その内容は、患者に自由に絵を描かせたり、物を作らせたりすることによって、精神的な安定、心の回復を促すというものである。

 しかし、現在では広く採用されている”芸術療法”であるが、それが確立されるまでには苦難の道のりがあった。それがここで描かれているニーゼの孤軍奮闘の物語である。

 まずは何と言っても、患者を演じたキャスト陣の熱演に圧倒された。突然泣き叫んだり、虚ろな目で独り言を話したり、中には暴力的な患者もいて、そんな彼らにニーゼは真摯に向き合っていく。迫力と緊張感に満ちた患者とのやり取りは実に見応えがあった。生半可な覚悟では、とても務まらない仕事だと改めて痛感させられた。

 そんなニーゼのタフネスぶりがよく分かるのがオープニングシーンである。彼女が病院のドアを叩くのだが、中から暫く返事が返ってこない。それでも何度も強く叩き、ようやく警備員が出てきて迎え入れられる。これは当時の精神病院の閉鎖性を物語っているわけだが、それと同時にニーゼの何物にも怯まない強い性格も表していると思った。

 そして、本作は実話を元にしているということもあろう。決して美談に堕していない所も好感が持てた。最初は上手くいかないし、患者によっては救われないまま悲劇的な末路を辿る者もいる。感動だけを売りにした作品とは一線を画した厳しい側面を持ち合わせており、製作サイドの覚悟が感じられた。

 エンドロールには本物のニーゼと患者たちの姿が登場してくる。そこにニーゼの言葉が次のように表示される。
 「人は誰でも社会的に意味のある人生、豊かな人生を送る権利がある。」
 正に本作のテーマを言い表しているような気がした。
[ 2024/02/15 00:45 ] ジャンル人間ドラマ | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://arino2.blog31.fc2.com/tb.php/2327-9f6ba057