fc2ブログ










コントラ

pict2_355.jpg
「コントラ」(2019日)星3
ジャンル青春ドラマ・ジャンルコメディ・ジャンルファンタジー
(あらすじ)
 女子高生のソラは、小さな田舎町で父と祖父と暮らしている。ある日、学校から帰宅すると祖父が急死していた。傍には日記が残されており、そこには宝の地図が記されていた。彼女はそれを手掛かりに宝探しを始める。一方、町では後ろ向きに歩き続ける謎のホームレス男が出没していた。ある夜、ソラの父は泥酔運転で彼を車で轢いてしまう。
ランキング参加中です。よろしければポチッとお願いします!

FC2ブログランキング
にほんブログ村 映画ブログへ人気ブログランキングへ

(レビュー)
 祖父の残した宝の地図を巡る悲喜こもごもをシュールなユーモアを交えて描いた作品。

 少女の自律の物語だと思って見ていたら、さにあらず。後ろ向きに歩く男が登場し、祖父が残した宝探しが始まり、後半からコメディ色が強まっていく。そして、ラストは驚きの展開で締めくくられる。

 シリアスとコメディの振り幅が大きいのが気になったが、この予測不能な展開は確かに面白く、2時間半弱という長丁場もダレることなく一気に観ることが出来た。

 但し、一般的な商業映画とは一線を画したインディーズらしい作風は、観る人を選ぶかもしれない。後ろ向きに歩く男の存在等、シュールなテイストはクセがあり、そこを受け入れられるかどうかで作品の評価も変わってくるだろう。個人的には面白く観れたが、誰でも楽しめるエンタテインメント作品とは言い難い。

 尚、後ろ向きに歩く男の正体については、自分は早々に気付いてしまった。映画ではラストでその正体を明らかにしていたが、もっと早めに見顕しをしても良かったのではないか…という気もした。そうすれば彼を巡る騒動もまた違った角度から面白く描けたかもしれない。

 監督、脚本はインド出身のアンシュル・チョウハンという人である。本作が長編映画2作目ということだが、中々どうして。日本人キャストを起用しながら上手く1本の作品としてまとめていると思った。

 そして、気になったのはここに至るまでの彼のキャリアである。本作を撮るまでに日本でアニメーターとして活躍していたというのだが、外国人である彼がどうして本作のような日本のインディーズ作品を撮ったのだろう?
 不思議に思って鑑賞後に調べてみたが、どうやらチョウハン監督の祖父は戦争で亡くなったということである。本作のソラの祖父も太平洋戦争に参加しており、今回の宝の地図はその時に書かれたものである。つまり、ここには監督の祖父の人生が投影されていたのである。

 こうした裏話を知ると、映画のラストに出てくる祖父への献辞が改めて噛み締められる。チョウハン監督の祖父に対する愛がひしひしと伝わってきた。

 キャストではソラを演じた円井わんが印象に残った。父親との確執、田舎暮らしの鬱屈感、この年頃に特有なアンビバレントな心情が見事に表現されている。初見の女優であるが堂々とした演技で感心した。この後も数多くの映画やドラマで活躍しているようだが、いつかこの個性が開花する日が来ることを密かに期待したい。
[ 2024/04/23 00:01 ] ジャンル青春ドラマ | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://arino2.blog31.fc2.com/tb.php/2355-d1ce5648