FC2ブログ










夢のチョコレート工場

さすがに古臭く感じてしまうが、発想の豊かさについては文句なし。
夢のチョコレート工場夢のチョコレート工場
(2007/10/12)
ジーン・ワイルダージャック・アルバートソン

商品詳細を見る

「夢のチョコレート工場」(1971米)hoshi2.gif
ジャンルファンタジー・ジャンルコメディ
(あらすじ)
 世界中で大人気のワンカのチョコレート。そこにたった5枚の金のチケットが入っている。それを手にした幸運な者は誰も入ったことがない”開かずのチョコレート工場”に招待されるという。祖父思いの貧しい少年チャーリーがチケットを引き当てた。チャーリーと祖父は、当たりを引いた他の4人の子供達と一緒にワンカの工場へと入っていく。そこはまるでおとぎの国のようだった。
DMM.comでレンタルする
映画生活

ランキング参加中です。よろしければポチッとお願いします!

FC2ブログランキング
にほんブログ村 映画ブログへ人気ブログランキングへ


(レビュー)
 カラフルな世界観で描かれるファンタジー映画。2005年にはT・バートン監督&J・デップ主演で再映画化されている。中々凝った作りで面白かったのでオリジナル版の方も興味があり見てみた。

 ストーリーはほぼ一緒だが、本作の方が工場に入るまでの前振りが若干長い。そのため少し退屈に感じた。ただ、この前振りは決して意味がないというわけではない。そもそも御伽話というものには必ずと言っていいほど教訓が込められているものだ。それがこの前振りに隠されている。チョコレートに熱狂する世界中の老若男女の姿は実に愚かしい。欲に駆られて冒険から脱落していく子供達も然り。この辺りのシニシズム溢れる描写はバートン版を凌いでると言えよう。

 さすがにCG全盛の時代に作られたリメイク版に比べると、映像スペクタクル面では劣ってしまう。ただ、実際の人間が扮したウンパルンパはインパクトがあった。

 ワンカ役はG・ワイルダー。ちょっと意地悪な感じがうまく出ているのは、この人ならではの風貌という気がした。J・デップとはまた違ったワンカ像があってこれはこれで中々良かった。
[ 2008/10/21 00:16 ] ジャンルファンタジー | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://arino2.blog31.fc2.com/tb.php/253-4cde50b6