FC2ブログ










最後の恋のはじめ方

小粋で楽しめる。
最後の恋のはじめ方 コレクターズ・エディション [DVD]最後の恋のはじめ方 コレクターズ・エディション [DVD]
(2005/09/28)
ウィル・スミスエヴァ・メンデス

商品詳細を見る

「最後の恋のはじめ方」(2005米)星3
ジャンルロマンス・ジャンルコメディ
(あらすじ)
 ヒッチはデート・コンサルタントの仕事をしている。冴えない会計士アルバートが顧客の一人アレグラにアタックするというので色々と指南していた。ある日、ヒッチはバーで女性記者サラに出会い一目惚れする。仕事一筋のサラだったが、ヒッチとデートを重ねていくうちに段々彼のことを好きになっていく。一方、アルバートはヒッチのおかげで、めでたくアレグラと交際することになった。ところが、これが思わぬ波紋を呼び‥。
DMM.comでレンタルする
映画生活
goo映画

ランキング参加中です。よろしければポチッとお願いします!

FC2ブログランキング
にほんブログ村 映画ブログへ人気ブログランキングへ


(レビュー)
 デート・コンサルタントという職業をモチーフにしたところが中々ユニークである。物語は実にオーソドックス。意外性は無いが軽妙に作られていて肩の力を抜いて楽しめる。

 ただ、サラに魅力を感じられなかったのは残念だった。ヒッチ役のW・スミスはスマートな立ち振る舞で役柄としての説得力も十分なのだが、相手役のサラのチャームポイントはどこか?と考えると何も出てこない。このドラマは基本的に男中心で描かれている。そのせいか、サラの魅力を引き出す所まで手が回らなかったという印象を持ってしまった。

 終盤40分くらいから物語は一気に急転していく。
 恋愛の達人と得意満面だったヒッチについに綻びが出始める。このあたりが面白い。結局、プロのコンサルタントと言っても、彼の教えはマニュアル論に過ぎず、ケースバイケースでは何の役にも立たないのだ。恋愛に法則など無いわけで、ヒッチ自身それを身にしみて感じることになる。予想通りの展開であるが見ていてスッキリとさせてくれた。

 舞台はニューヨーク。ロマコメではお馴染みのロケーションだが、ジェットスキーのデートは中々新鮮だった。また、お見合いパーティーを持ち込んだ所もいかにも現代的で面白い。
[ 2008/12/12 00:09 ] ジャンルロマンス | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://arino2.blog31.fc2.com/tb.php/316-c0dd7083