fc2ブログ










ヴィレッジ

どんなにひどくても何故かそこに惹かれる。ふしぎな監督、シャマラン。
ヴィレッジ [DVD]ヴィレッジ [DVD]
(2005/04/22)
ホアキン・フェニックスエイドリアン・ブロディ

商品詳細を見る

「ヴィレッジ」(2004米)hoshi2.gif
ジャンルサスペンス
(あらすじ)
 19世紀末、ペンシルヴェニア州に深い森に囲まれた小さな村があった。村人達は森に潜む伝説の怪物を恐れ一歩も村から出たことがない。最近になって怪物からの警告と思われる動物の死骸が至る所で発見された。そんな中、盲目の少女アイヴィーは勇敢な青年ルシアスと恋に落ちる。これが思わぬ悲劇を呼び‥。
DMM.comでレンタルする
映画生活
goo映画

ランキング参加中です。よろしければポチッとお願いします!

FC2ブログランキング
にほんブログ村 映画ブログへ人気ブログランキングへ


(レビュー)
 閉ざされた小村で起こる怪現象をミステリアスに綴った作品。

 監督脚本は「シックス・センス」(1999米)のM・ナイト・シャマラン。
 今回はどんな仕掛けがあるのか?と期待していたが、想像していたものとは大分違っていた。さすがにこれまでのように”一発オチ”ではまずいと思ったのだろう。現に前作「サイン」(2002米)はそこから脱却出来ず、あまつさえ肩透かしを食らわすという散々たる内容だった。今回はラブロマンスを軸にしたところが見所で、サスペンスよりドラマを重視にしたシナリオになっている。

 ただ、このシナリオが相変わらず突っ込みどころ満載で、決して褒められた出来とは言えない。演出も古臭く感じてしまう部分が散見できる。「サイン」といい本作といい、これはもうシャマランのセンスとしか言いようが無い。ここまで緩慢で凡庸な演出をするとなると、今時のジャンル映画では到底通用しない。

 テーマは意外にも社会が孕む「偽装」の問題に深く言及している。個人と社会のあり方という観点から語りつくされているテーマであるが、それをSFではなく童話のような語り口で見せた所は一つの妙味という気がした。

 俳優陣ではノアを演じたA・ブロディが目立っていた。この人は確かに演技は達者なのだが、全てが同じようなカラーになってしまうのが勿体ない。尚、アイヴィー役の女優はR・ハワード監督の実娘だそうである。本作が映画初主演デビューということで、古風な顔立ちに幼さを足した感じが中々に良かった。
[ 2008/12/28 01:53 ] ジャンルサスペンス | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://arino2.blog31.fc2.com/tb.php/328-f1ff8f10