fc2ブログ










ネガティブハッピー・チェーンソーエッヂ

アクションを期待したのだが、それ以前の問題という気も‥。
本当は★1つなんてなるべくつけたくないんだけど、エンドロールがダメ押しとなってしまった・・・。
ネガティブハッピー・チェーンソーエッヂネガティブハッピー・チェーンソーエッヂ
(2008/06/13)
市原隼人関めぐみ

商品詳細を見る

「ネガティブハッピー・チェーンソーエッヂ」(2007日)star.gif
ジャンルアクション・ジャンルSF
(あらすじ)
 高校生の山本は、親友の能登をバイク事故で亡くし自暴自棄になっていた。ある夜、チェーンソーを振り回す不死身の男と戦う少女絵里と出会う。彼女の戦いをサポートするようになるのだが‥。
DMM.comでレンタルする
映画生活
goo映画

ランキング参加中です。よろしければポチッとお願いします!

FC2ブログランキング
にほんブログ村 映画ブログへ人気ブログランキングへ


(レビュー)
 チェーンソー男と謎の美少女の戦いを描いたアクション作品。

 序盤でいきなり描かれる戦いの光景は良かった。人間離れした跳躍力で戦う少女の姿に唖然とさせられるが、マンガのような感覚で見ればこれはこれで良し。今後どうなるのか?という期待も抱かせてくれる。

 ただ、この映画は序盤以降の展開に難がある。
 漫画映画の割りにアクションを出し惜しみし過ぎる。絵里は毎晩チェーンソー男と戦うのだが、そのたびに寸止めの描写に終始する。まるでルーティンワークのように退屈で、予算の関係があったのかもしれないが、同じように見せないような演出的工夫が欲しい。

 また、山本と絵里のロマンスに説得力が感じられなかった事も大いに不満だった。絵里のバックストーリーについて語られるのは中盤に入ってからである。それまで山本は彼女のことを何も知らずにサポートしているわけで、これでは二人の間に緊密な関係が築けるはずがない。

 そして、このチェーンソー男も何だか今一つパッとしない。絵里のトラウマ生んだ怪物であることが明確に語られているが、なぜ”チェーンソー”なのか?という理由がハッキリとしない。単に「悪魔のいけにえ」(1974米)に代表されるようなホラーモンスターをファッショナブルにもじっただけなのだろうか?

 そもそもレザーフェイスは実在の猟奇殺人者エド・ゲインがモデルになっている。エド・ゲインの計り知れない心の闇を象徴するものとして”チェーンソー”という破壊アイテムがあるのだ。それは彼の非人間性、無機質、残酷性を表している。しかし、本作のチェーンソー男にはそういったドラマが一切無い。ゆえに魅力が感じられないのだ。
 尚、登場する時に一々雪が降る演出も逆効果である。絵里のトラウマを、なぜこれほどロマンチックな映像にしたのか。その真意も分からない。
[ 2009/01/08 00:43 ] ジャンルアクション | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://arino2.blog31.fc2.com/tb.php/332-a37c12e5