fc2ブログ










40歳の童貞男

S・カレルの強烈なキャラクターが笑える。
40歳の童貞男 無修正完全版 [DVD]40歳の童貞男 無修正完全版 [DVD]
(2007/06/14)
スティーヴ・カレルキャサリン・キーナー

商品詳細を見る

「40歳の童貞男」(2005米)星3
ジャンルコメディ・ジャンルロマンス
(あらすじ)
 電気店で働くアンディは40歳にして未だに童貞。周囲の同僚は面白半分に世話を焼くが、せっかく成功しかけたナンパも散々たる結果に終わる。諦めかけていたその時、トリシュという女性と巡り会う。彼女は電気店の向かいでネット競売の仕事をしている気さくな女性だった。電話番号を交換し有頂天になるアンディだが、彼にはセックスの経験が無い。いざという時のために、同僚は大量のポルノビデオを送りつけたり、コールガールをあてがったりするが、プラトニックな交際を望むアンディにとってはありがた迷惑な話だった。そして、いよいよアンディはトリッシュとデートすることになる。
DMM.comでレンタルする
映画生活
goo映画

ランキング参加中です。よろしければポチッとお願いします!

FC2ブログランキング
にほんブログ村 映画ブログへ人気ブログランキングへ

(レビュー)
 童貞中年男のロマンスを笑いとペーソスで綴ったコメディ。
 アメリカでは大ヒットを飛ばしたが、日本では今ひとつ受けなかった。コメディは日本ではヒットしないというジンクスは未だに根強い。色々と要因はあると思うが、根本的に笑いのセンスが違うのだと思う。

 さて、ドラマのエッセンスは、少しエッチなティーンズ映画ではお馴染みの”青い春”を綴ったものである。作りとしては非常にオーソドックスだが、主人公が40歳の中年男という所がユニークだ。

 アンディは過去の苦い経験からセックスに消極的になっており、フィギュアやゲームの二次元世界に没頭している。おせっかいな周囲に振り回されながら彼は脱童貞を目指していくのだが、その奮闘振りが面白い。
 酔っ払い女の暴走車に相乗りしたり、もてるためには脱毛ということでサロンに出かけたり、お見合いクラブに乗り込んだり、涙ぐましい努力が描かれる。しかし、これが尽く裏目に出てしまうのだ。こういうのは多少オーバーな方が気楽に見れて笑える。逆に、リアルすぎるとかえって陰惨に写ってしまう。

 この映画の見事なところは、単にアンディの失敗談を面白おかしく描くだけのコメディに留まらないところだと思う。彼は幾つもの失敗を積み重ねながら、恋する男として逞しく成長していく。つまり、きちんとした成長ドラマとして作られているのだ。お気楽コメディだと思っていると、さにあらず、何気に真面目な脱童貞のドラマになっている。

 ただ、ラストにかけての展開は安易に運びすぎて食い足りない。もう一悶着あると笑いだけでなく感動も生まれただろう。
 また、周辺人物に関するサブエピソードも、結局のところはアンディのロマンスとの相関は無く、もしかしたら特に必要が無かったかも‥と思えてしまった。

 アンディを演じたのはS・カレル。彼は脚本も兼業しているし、中々の才能を持ったコメディ俳優だと思う。これからも注目していきたい。
[ 2009/02/10 01:04 ] ジャンルコメディ | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://arino2.blog31.fc2.com/tb.php/351-80bb8625