FC2ブログ










自虐の詩

後半が面白く見れる。ただ、どうしても「嫌われ松子の一生」と比較してしまいたくなる。
自虐の詩 プレミアム・エディション [DVD]自虐の詩 プレミアム・エディション [DVD]
(2008/03/14)
西田敏行中谷美紀

商品詳細を見る

「自虐の詩」(2007日)星3
ジャンルロマンス・ジャンルコメディ
(あらすじ)
 大阪下町。幸江は甲斐性無しの男イサオとボロアパートで暮らしていた。仕事もせずパチンコばかりをしているイサオのために、彼女はせっせと働いていた。ある日、彼女は勤め先の食堂の店主からプロポーズを受ける。しかし、イサオを心の底から愛しているのでそれを断った。どんなに辛い目にあっても、幸江にとっては今の暮らしが何物にも代えがたい幸せだったのである。そんなある日、彼女は医者から妊娠を告げられる。これを機にようやくイサオは仕事を始める気になるが‥。
DMM.comでレンタルする
goo映画
映画生活

ランキング参加中です。よろしければポチッとお願いします!

FC2ブログランキング
にほんブログ村 映画ブログへ人気ブログランキングへ


(レビュー)
 不幸な青春を送った女性が本当の幸せを掴むまでをオフビートな笑いで綴ったコメディ。

 主役が不幸キャラ、同じ中谷主演ということで、どうしても「嫌われ松子の一生」とダブって見えてしまうのは致し方が無い所か。ただ、松子が辿った厚みのある人生に比べると、本作の幸江はシンプルで起伏に乏しいと言わざるえない。随分と小じんまりとしていて、比較対照では「嫌われ~」よりも食い足りなかった。

 そもそも、前半のしつこいくらいのギャグの連発が、このドラマの底の浅さを露呈してしまっている。例えば、イサオのちゃぶ台返しはCGを駆使しながら面白く撮られているが、これをルーティンされると退屈してしまう。もっと他に描く事があるだろう‥と勿体無く感じた。
 また、幸江の父や食堂のマスターのエピソードは、いずれも本筋である幸江の半生にさして関係があるわけではない。ここが「嫌われ~」と違う所である。「嫌われ~」の松子の半生は周縁エピソードを上手く絡めながらドラマチックに盛り上げられていた。本作にはこうした脚本上の必然性や説得性が不足しているように思えた。

 ただ、後半の幸江の中学時代のエピソードだけは面白く見れた。
 何と言っても、もはや野生児としか言いようがないクラスメイト熊本の風貌が魅力的である。そして、彼女との友情がその後の幸江とイサオとの馴れ初めのお膳立てとなっており、これが構成上の妙味として上手く効いている。幸江のイサオに対する恋愛感情が、幸江と熊本の友情の残像のように見えて切なかった。

 ちなみに、幸江達が住むアパートの階下には大家さんが住んでいて、これをカルセール麻紀が演じている。俺はこのキャスティングから「イサオ=熊本」説という、まるでP・アルモドヴァル監督もびっくりの大胆なオチを予想してしまったのだが‥(以下略)。
 いずれにせよ、ラストで図らずも涙してしまったのは、熊本との友情に感銘を受けたからである。

 ただ、ここでも少し勿体無く感じる事があった。幸江とイサオの主従関係が逆転するきっかけは具体的に何だったのだろうか?映画はそこをもっとドラマチックに描く必要がったように思う。二人の主従関係がある日突然逆転するということは無いはずで、幸江の心が折れる決定的な瞬間がどこかにあったはずにちがいない。本作をそこをクスリによる幻覚という理由づけで適当に描いてしまっている。これでは味気ない感じがした。イサオに頼らざるを得ない心理変化を正面から描くような演出がどこかにあれば、二人の主従関係の逆転にいっそうの説得力が生まれただろう。
[ 2009/08/18 01:55 ] ジャンルロマンス | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://arino2.blog31.fc2.com/tb.php/449-c959e760