FC2ブログ










君がいた夏

J・フォスターが綺麗に撮られている。ファンなら押さえておきたい1本。
君がいた夏 [DVD]君がいた夏 [DVD]
(2000/02/11)
ジョディ・フォスターマーク・ハーモン

商品詳細を見る

「君がいた夏」(1988米)星3
ジャンル人間ドラマ・ジャンル青春ドラマ
(あらすじ)
 プロ野球を引退したビリーは今や自堕落な暮らしを送っていた。そんな彼の元に従姉ケイティーの自殺が知らされる。遺言で遺灰を託されたビリーは、彼女との思い出を振り返る------------少年ビリーにとってケイティーは美しく魅力的な年上の女性だった。海にドライブに出かけたり、一緒に悪戯をしたり、まるで本当の姉弟のように仲が良かった。ハイスクールに上がる頃、父の影響で野球を始めたビリーはプロからスカウトを受ける。しかし、喜びも束の間、父は急死する。そんな時、傍にいて優しく慰めてくれたのはケイティーだった。やがて、そんな二人にも別れの時がやって来て-----。
DMM.comでレンタルする
goo映画
映画生活

ランキング参加中です。よろしければポチッとお願いします!

FC2ブログランキング
にほんブログ村 映画ブログへ人気ブログランキングへ


(レビュー)
 憧れの従姉の死をきっかけに自らの人生を見つめなおしていく中年男の再生ドラマ。

 ビリーにとって一番大切な思い出。それが従姉ケイティーと過ごした少年時代である。物語はその回想を挟みながら、どうしてケイティーが死んだのか?彼女の死をビリーがいかに克服していくか?を描いていく。愛する人の”死”を通してこの世の”生”を実感する。残された自分の生き方を見つめなおしていく。いわゆる”喪の仕事”を描いたドラマと言えよう。
 ラストが感動的である。ケイティーは死んだ今でもビリーを励ましてくれている‥そう信じてしまいたくなるような、そんな思いに駆られた。

 ケイティー役はJ・フォスター。快活で優しい年上のお姉さんを好演している。彼女のファンなら見所の多い作品であろう。年相応の少女の微笑みを見せたかと思えば、その一方でビリーの母親のようにも存在し、実に幅の広い演技を見せている。そして、回想の中の彼女の美しさが、死という現実をより一層残酷なものに見せ切なくさせる。

 サブエピソードとして登場する、ビリーと旧友の友情にもしみじみとさせられた。二人が誰もいないグラウンドで野球するシーンはジンワリとくる。

 この映画で残念に思ったことはBGMの使い方である。過剰に盛り上げるようなBGMが頻繁に流され、ドラマの邪魔になって仕方がなかった。音楽として単体で聴く分には良いかもしれないが、ドラマと掛け合わせる場合は使い方をほどほどにしないと映画のメリハリを失ってしまう。映画は総合芸術である。どれか一つが抜きん出てしまうと全体のバランスが崩れてしまう場合がある。名目上は監督がトータル的なコンポジットをすべきであろうが、それが本作では欠けているような気がした。
[ 2009/08/20 02:12 ] ジャンル人間ドラマ | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://arino2.blog31.fc2.com/tb.php/450-39aff027