fc2ブログ










スター・トレック ネメシス

根強い人気に支えられてシリーズ10作目。
スター・トレック ネメシス [DVD]スター・トレック ネメシス [DVD]
(2003/09/26)
パトリック・スチュアートジョナサン・フレイクス

商品詳細を見る

「スター・トレック ネメシス}(2002米)hoshi2.gif
ジャンルSF・ジャンルアクション
(あらすじ)
 エンタープライズのクルーが、副官ライカーとカウンセラー、トロイの結婚に祝杯を上げていた頃、ロミュランではクーデターが勃発していた。トロイの故郷へと向かった一同は、道中ある惑星で乗組員データにそっくりなアンドロイドを発見する。そこに艦隊司令部からロミュランに急行するよう緊急指令が入った。ピカード達はシンゾンという新たなロミュランの指導者に謁見し、事態の混乱を沈めようとするのだが‥。
DMM.comでレンタルする
goo映画
映画生活

ランキング参加中です。よろしければポチッとお願いします!

FC2ブログランキング
にほんブログ村 映画ブログへ人気ブログランキングへ


(レビュー)
 「スター・トレック」の劇場版10作目。新スター・トレック(ジェネレーションズ)としては4作目の劇場版になる。テレビ版で見慣れたお馴染みの面々ありきでストーリーが展開されるので、予備知識を持たない一見さんにとっては分かりにくい所があるかもしれない。そういう意味では、先だって見たエイブラムス版「スター・トレック」(2009米)は一見さんにも分かるように作られていて、非常に良心的な作品だったと思える。

 これまで様々な敵が登場してきた本シリーズだが、さすがにネタが尽きたのか、今回の敵はクローンである。ピカードの若い頃に瓜二つのシンゾンという野心溢れるキャラクターだ。不気味な登場シーンはいいが、いかんせんクローン化による副作用が残っており、そこが彼の弱点となっている。やはり所詮はクローンということか。敵としてはいささか小物感は拭えない。

 クライマックスに派手な戦闘シーンが登場してくる。これまでの「スター・トレック」というと割りと地味な印象だが、そんなイメージを払拭してくれるドンパチで中々楽しめた。さすがにデータのミラクルな活躍には閉口してしまったが‥。派手なドンパチの後には、やはりスタトレ。しっとりと締めてくれる。味わい深さを持たせて終わるのも本シリーズの良い所だ。

 ちなみに、「ヘルボーイ」(2004米)シリーズのR・パールマンがクレジットされていて驚いた。気付かないのも当然で、特殊メイクで完全に顔が隠れている。「ヘルボーイ」でもそうだが、傍目からは本人の顔と気付かれないようなマスクをしている。エイブラムス版「スター・トレック」(2009米)でもE・バナが出ていたのに全然分からなかった。こうして特殊メイクのせいで気付かれないのは、本人からすると複雑な気分じゃなかろうか。主役ならいざ知らず、脇役となると少し可哀想な気もしてしまう。
[ 2009/10/20 00:40 ] ジャンルアクション | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://arino2.blog31.fc2.com/tb.php/480-757c1c7f