FC2ブログ










誰かがあなたを愛してる

C・ユンファがハマっている。
誰かがあなたを愛してる デジタル・リマスター版 [DVD]誰かがあなたを愛してる デジタル・リマスター版 [DVD]
(2005/12/23)
チョウ・ユンファチェリー・チャン

商品詳細を見る

「誰かがあなたを愛している」(1987香港)hoshi2.gif
ジャンルロマンス
(あらすじ)
 ジェニファーは恋人を追って演劇の勉強をしにニューヨークへ降り立った。従兄のシュンタウのアパートに世話になり、早速恋人と再会を果たす。ところが、彼には新しい恋人ができていた。ショックを受けたジェニファーをシュンタウが優しく慰める。次第に二人は惹かれあっていく。
goo映画
映画生活

ランキング参加中です。よろしければポチッとお願いします!

FC2ブログランキング
にほんブログ村 映画ブログへ人気ブログランキングへ


(レビュー)
 失恋した女性とそれを慰める気のいいヤクザ青年のロマンスを、ニューヨークの洒落た風景の中に描いたラブ・ストーリー。

 ドラマはいかにも紋切り的だが、C・ユンファ演じるシュンタウのキャラクターが魅力的だった。ギャンブル好きな気の良いヤクザ青年という役どころで、ユンファが持ち前の朗らかさで好演してる。特に、中盤のデートシーンが良かった。シュンタウはせっかくジェニファーと良い雰囲気になったのにキスを躊躇してしまう。ジェニファーはキスされるのを待っていたのに、シュンタウは彼女の失恋の弱みにつけこみたくないと判断したのである。彼は優しすぎる男だ。しかし、恋において優しさは時に”罪”ともなる。後もう少し勇気があれば‥そう思うと切なくさせられる。

 この映画は、そんなふうに二人の微妙な距離を、様々なデートシーンで見せていく。あの時キスをしていれば、あの時ダンスを断らなければ、そこに元恋人が現れなければ‥等。ラブロマンス映画において最も重要となるのは、この”すれ違い”をいかに上手く描くかにある。本作はそこがきちんと描けていて好感が持てた。

 ただ、細かなところを見ると色々と不満が出てきてしまう。
 第一に、ニューヨークを舞台にしていながら、アメリカ人の俳優を一人もメインキャストに入れてないのが不自然過ぎる。それによって全体的にドメスティックなドラマになってしまった。特に中盤のパーティー・シーンは非常にダサく感じられた。
 また、多彩なロケーションを取り入れてもっと異国情緒を出して欲しかった。ニューヨークのストリートは中々上手く撮られているが、それ以外にロケーションの広がりがない。このあたりは予算や製作体制の限界がたたっているのかもしれない。

 また、シナリオ的には終盤の展開がいただけなかった。上手くまとめようとするのがありありと見て取れるので、ともすれば行き当たりばったりに写りかねない。ここはもう少しじっくりと描いて盛り上げて欲しかった気がする。
[ 2010/02/16 00:25 ] ジャンルロマンス | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://arino2.blog31.fc2.com/tb.php/538-e8da93c7