fc2ブログ










エイリアンVS.プレデター

エイリアンとプレデター、どちらを応援したくなる?
エイリアンVS.プレデター 完全版 [DVD]エイリアンVS.プレデター 完全版 [DVD]
(2006/12/08)
ランス・ヘンリクセンラウル・ボヴァ

商品詳細を見る

「エイリアンVS.プレデター」(2004米)星3
ジャンルSF・ジャンルアクション
(あらすじ)
 大企業ウィンランド社は南極の地下に謎の熱源を衛星キャッチした。環境工学者で冒険家のレックス、考古学者セバスチャン等、著名な専門家を召集して調査に乗り出す。彼等がそこで見たのは巨大な建造物だった。そこに上空から謎の宇宙船が飛来してくる。
DMM.comでレンタルする
goo映画
映画生活

ランキング参加中です。よろしければポチッとお願いします!

FC2ブログランキング
にほんブログ村 映画ブログへ人気ブログランキングへ


(レビュー)
 SF映画の名物キャラクター、エイリアンとプレデターの対決を描いたアクション作品。

 二大モンスターの夢の競演という企画自体、いかにも見世物小屋的な胡散臭さが漂うが、エイリアン・シリーズが好きな者としては一見しておくか‥という程度で見てみた。監督・脚本のクレジットも気になったというのもあったのだが‥。

 監督・脚本は生粋のヲタク監督P・W・S・アンダーソンである。ジャンル映画という括りの中で、自分の好きな物を好きなように撮っている稀有な監督だ。ゲーム趣味がモロに出た「モータル・コンバット」(1995米)、「バイオハザード」(2001米)。未見であるが、おそらくは「惑星ソラリス」(1972ソ連)をヒントに作られたであろう「イベント・ホライゾン」(1997米)等。これまでの経歴を見てみれば、この監督がいかに趣味に走った作品を撮ってきたかがわかる。
 しかし、ジャンル映画を撮ることを己の作家性とするのはそんなに容易なこではない。出来上がった作品に向けられるマニアの目も相等厳しいものになってくるからだ。当然この監督の作品は、これまでにも賛否のふるいにかけられてきた。しかし、不思議とこうして監督を続けてこられているのだから、俺はこの人の神経が相等図太いんじゃないかと睨んでいる。あのS・ライミだって趣味と実益を分けて映画を撮っているというのに‥。

 さて、見る前から肝心のバトルが出し惜しみされているんじゃないか‥という危惧があったのだが、そんなことはなく派手な肉弾戦が浩々と繰り広げられていた。まるで怪獣映画を見ているような興奮が味わえる。要所要所のオマージュも楽しめたしサービスに徹している所に好感が持てる。第一にプレデターがこれほど格好良く撮られていていること自体、監督の中で明確な割り切りが出来ている証しである。エイリアンとプレデター、どっちつかずになるよりも全然マシで、作り方としてはこうするのは妥当だったと思う。また、レックス達が調査する建造物の中にはトラップが張り巡らされて、アトラクション・ムービー的な楽しみ方も出来た。

 ただ、ストーリーに関して言うと、色々と不満は出てきてしまう。レックスに絡んだ過去の伏線をみすみす断ち切ってしまう乱暴さ、サブキャラを安易に殺してしまう勿体無さ。面白くしようと思えばいくらでも出来るはずなのに、それを全て切り落としてしまった所は納得いかない。

 また、キャストに花が無いのも残念だった。いくらエイリアンとプレデターが主役とはいえ、もう少し人間サイドに気を使ったキャスティングも必要だったのではないだろうか?
[ 2010/02/18 00:50 ] ジャンルアクション | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://arino2.blog31.fc2.com/tb.php/539-5c103ae5