fc2ブログ










悪魔の追跡

実は、ホラーではなくサスペンス映画だった。
悪魔の追跡 [DVD]悪魔の追跡 [DVD]
(2007/04/13)
ピーター・フォンダウォーレン・オーツ

商品詳細を見る

「悪魔の追跡」(1975米)星3
ジャンルアクション・ジャンルサスペンス
(あらすじ)
 バイク・レーサーのロジャーは恋人ケリーと、親友フランクのキャンピングカーで旅行に出た。夜になり荒野に車を止めて楽しく飲んでいた時、彼等は恐ろしい光景を目にしてしまう。怪しげな一団が少女を生贄にして悪魔崇拝の儀式をしていたのだ。ロジャー達は彼等から執拗な追跡を受けることになる。
DMM.comでレンタルする
goo映画


ランキング参加中です。よろしければポチッとお願いします!

FC2ブログランキング
にほんブログ村 映画ブログへ人気ブログランキングへ


(レビュー)
 タイトルからオカルト的なものを想像していたが、中味はサスペンス映画だった。

 ストーリーは一本道で強引、伏線の未回収もあり、それほど面白いとは思わなかった。多分作り手たちはストーリーにそれほど重きを置いていないのだろう。その変わりと言っては何だが、この作品に漂う不気味なムード、そこに関してはかなり丁寧に作りこまれている。

 どこまで逃げても追いかけてくる悪魔教団は、決して超然と着色されているわけではない。寂れた田舎町なら本当にあるんじゃないか?そんなリアリティをもって描かれている。スピルバーグ監督の傑作「激突!」(1971米)の追跡トラッカーにも通じるような不条理な怖さだ。意味不明な所に恐ろしさも増す。
 また、ロジャーたちが旅で出会う田舎の人々も一々不気味に撮られていて、これもかなり怖かった。とりわけ、強迫症状に襲われるケリーの視点で描かれるプールのシーンは、まるでD・リンチ映画のような不気味さがある。「ツイン・ピークス」は、クーパー捜査官の目を通してアメリカ北部に住む田舎者達をどこか奇怪なるモノとして描いていた。それと似た怖さがこれらにはある。
 この映画は決してショッキングなシーンで怖さを煽るわけではなく、こういった何の変哲も無い静かな描写の積み重ねによって恐怖を盛り上げている。地味ではあるが丁寧に作られていると感じた。

 アクションとしての見所は、やはりクライマックスのカーチェイス・シーンになろう。ただ、個人的には中盤に登場する”ある仕掛け”も中々に良かった。単純なトリック撮影だと思うが今作で一番手に汗握る場面だった。
[ 2010/04/06 00:32 ] ジャンルアクション | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://arino2.blog31.fc2.com/tb.php/561-d51eb3f6