FC2ブログ










イタリア的、恋愛マニュアル

オムニバスなので気軽に見れる。
イタリア的、恋愛マニュアル [DVD]イタリア的、恋愛マニュアル [DVD]
(2008/01/25)
不明

商品詳細を見る

「イタリア的、恋愛マニュアル」(2005伊)星3
ジャンルロマンス・ジャンルコメディ
(あらすじ)
 イタリアを舞台にした4つのラブストーリー。
 第1章「めぐり逢って」は、無職のダメ男が一目惚れした美女に猛アタックする話。
 第2章「すれ違って」は、倦怠期の夫婦の話。
 第3章「よそ見して」は、夫の不倫現場を目撃した婦人警官の話。
 第4章「棄てられて」は、妻に逃げられた小児科医の話。
DMM.comでレンタルする
goo映画
映画生活

ランキング参加中です。よろしければポチッとお願いします!

FC2ブログランキング
にほんブログ村 映画ブログへ人気ブログランキングへ


(レビュー)
 4組のカップルの出会いと別れを描いたオムニバス作品。男女間のシリアスな恋愛騒動は、コメディライクな作りのおかげで気楽に見ることができる。テーマを噛み締めたい人には物足りなく感じるかもしれないが、こういうのってあるよね‥というくらいで見る分には丁度良い。

 登場するのは、若いカップル、破局寸前の夫婦、離婚した元夫婦達である。様々な男女関係をパノラマ風に見せることで、男にとっての、女にとっての恋愛論が語られていく。洒落たセンスで面白く見れた。

 中でも第4章「棄てられて」が一番印象に残った。ここでは子供を作らなかったことで妻に棄てられた小児科医ゴッフレードの悲劇が描かれている。真面目に描けばひたすら暗いだけの話だが、明朗で嫌味のない作りのおかげで見ているこちら側にすんなりと入ってくる。

 妻に棄てられ様々な災難に見舞われていくゴッフレードの姿は実に不憫である。俺はどうしても彼のことを嫌いになれなかった。こういうダメ男っているよなぁ‥という所に親近感が涌いてしまう。特に、ゴッフレードが旧友と再会するシーンには声を出して笑ってしまった。正に身から出た錆である。男のどうしようもない助平心に親しみが湧いてしまう。
 そして、俺がこのエピソードで一番感心したのはラストである。実は、これは第1章とリンクしたオチになっている。第1章に登場したナンパ男トンマーゾは
「寂しくなったら過去に後退するのではなく未来に前進しなければならない。」
この一言で愛しのジュリアンのハートをゲットした。ゴッフレードは最後にこの言葉をきちんと実践し、前を向いて幸せを手にしている。普通なら「そんな上手くいくはずないよ‥」と思ってしまうのだが、構成の妙でご都合主義に見えず、自然にこのカタルシスに乗っかることが出来た。

 以下、それ以外の章について簡単な感想を書いてみたい。
 第1章は演出の巧みさに感心させられた。キスに至るまでの男女の駆け引きが夫々のモノローグに乗せて描かれ、ドキドキするような興奮が味わえた。ただ、話が余りにも都合よく進む所に多少の引っ掛かりを覚えてしまう。女優が可愛いのは◎
 第2章は、倦怠期のカップルの問題を取り上げている。シリアスな問題を孕んでいるが、演者のコメディライクな演技のおかげで楽しく見れる。集団カウンセリングのシーンが一番可笑しかった。
 第3章は、第2章に輪をかけてかなりファナティックなコメディになっている。これも倦怠期の夫婦によくある話としてリアリティが感じられた。

 4つの物語は連鎖して展開される。中には章をまたいで登場するキャラもいたりして、構成自体はよく考えられていると思った。尚、タイトルにもなっている「恋愛マニュアル」は恋愛指南のCDブックのことで、映画冒頭に登場してくる。これも後々の伏線になっているので注意して聴いておきたい。4つの物語を繋げるピースの役割を果たしている。
[ 2010/05/15 01:33 ] ジャンルロマンス | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://arino2.blog31.fc2.com/tb.php/580-13f1a67d