fc2ブログ










ハッピーフライト

お気楽に見れるところが良い。
ハッピーフライト スタンダードクラス・エディション [DVD]ハッピーフライト スタンダードクラス・エディション [DVD]
(2009/05/22)
田辺誠一時任三郎

商品詳細を見る

「ハッピーフライト」(2008日)星3
ジャンルコメディ
(あらすじ)
 副操縦士・鈴木は厳格な原田教官の元、ホノルル行き1980便に搭乗して機長昇格試験に挑んだ。同機には新人キャビンアテンダントの斉藤も搭乗した。彼女は早速仕事で失敗して先輩から大目玉を食らう。一方、空港カウンターでは地上係員・木村がお客とのトラブル対応に追われていた。彼女は出会いの少ない今の職場を今日限りで辞めようとしていた。新米整備士・森岡は先輩整備士に叱られながら機体の最終チェックを行っていた。こうして様々な思いを乗せながら飛行機は離陸する。
DMM.comでレンタルする
映画生活

ランキング参加中です。よろしければポチッとお願いします!

FC2ブログランキング
にほんブログ村 映画ブログへ人気ブログランキングへ


(レビュー)
 旅客機飛行に携わる様々な人間模様を軽妙に綴ったコメディ作品。

 ANAの全面協力を得て作られただけあって、説得力のあるウンチク、リアリティを感じさせる撮影等は見応えがある。一般的には余り知られていない空港の舞台裏を見れると言う意味で興味深く見ることが出来た。また、かつて流行した「大空港」(1970米)に始まる一連の航空パニック映画のオマージュが見れるのも映画ファンとしては嬉しい。

 ただ、所々に笑いの演出がサービス過剰になってしまっているところがあり、少し”引いて”しまうような場面もあった。笑いはその人の感性に合う合わないが、さじ加減一つでシビアに決まってくるので、この辺りは仕方がない。コメディを作るほど難しいものはない‥と言うが、それは個々人で笑いのツボが違うからである。極論してしまえば、万人向けのコメディなどこの世の中には存在しない。それでも、より多くの人に笑いを与えようとエンタテインメントに携わる人間は日々頑張っているのである。

 ‥で、俺がこの映画で受け付けなかったのは、新人キャビンアテンダント斉藤の造形である。ベタなものを狙っているのは分かるのだが、彼女のドジっぷりには流石に引いてしまう。まるで新人アイドル歌手のぶりっ子にも似たような、そんな嫌らしさを感じてしまった。
 他に、管制塔のスタッフのおどけたやり取り、クライマックスにおける”デジタル派”対”アナログ派”の安易な衝突。このあたりにも青臭さを感じてしまった。
 ヅラネタもクドイ感じがした。

 分かりやすいというのは大変結構なことである。しかし、そうした笑いばかりだとやはり辟易してしまう。どうせ2時間もある映画である。合間にちょっとだけ捻りの効いた笑いも見てみたい‥。そう思うのが人としての心情だろう。

 監督・脚本は矢口史靖。ウェルメイドな作品を得意とする監督なので、その点では今回も安心して見れる作品に仕上がっている。クライマックスの盛り上げ方なども中々手馴れていて楽しめた。ただ、時として戯画が過ぎるのが玉に瑕である。そのあたりの抑制をしてもらえたらもっと楽しめる作品になっていただろう。

 キャストはよくまとまったアンサンブルを形成していた。各人、安定感がある。
[ 2010/05/21 01:17 ] ジャンルコメディ | TB(0) | CM(2)

こんにちは、ありのさん。最近では、この作品のように企業&放送局&映画制作配給会社が「三位一体」となって製作される作品がとても目立つのですが、去年の年間興行収入デ-タでは大手(東映、東宝、松竹)は健闘したのですが、中小系(シネカノン(フラガール、パッチギを制作・配給。(井筒和幸さんの大ヒット作。(現在「ヒーローショー」が公開中。)などが破たんしあるいは低迷しているところもあるそうです。)それから、今日のテレビニュースで「イージーライダー」、「地獄の黙示録」そして「スピード」などに出演した俳優であり映画監督のデニス・ホッパーさん(79歳)が「前立腺がんの合併症」で亡くなられました謹んでご冥福をお祈りします。
[ 2010/05/30 12:26 ] [ 編集 ]

こんばんは、にょろ~んさん。
映画は作るのにお金がかかりますからね。製作体制に資本が参入してくるのは、ある意味で必然的な事なのかもしれません。ただ、その一方で低予算のインディペンデント系の映画が、世間からそれなりの評価を得ているのを見ると、まだまだ世の中棄てたものではないと思います。

デニス・ホッパーの死去は残念でなりません。彼が監督・主演をつとめた「イージー・ライダー」は大好きな映画の内の1本でした。まさか闘病生活を送っていたとは全然知りませんでした。改めてご冥福をお祈りいたします。
[ 2010/05/31 01:54 ] [ 編集 ]

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://arino2.blog31.fc2.com/tb.php/583-277de12b