FC2ブログ










トワイライト~初恋~

オーソドックスな作りが安心して見れるが‥。
トワイライト~初恋~ スタンダード・エディション [DVD]トワイライト~初恋~ スタンダード・エディション [DVD]
(2009/09/18)
クリステン・スチュワートロバート・パティンソン

商品詳細を見る

「トワイライト~初恋~」(2008米)hoshi2.gif
ジャンルファンタジー・ジャンルロマンス
(あらすじ)
 高校生ベラは両親の離婚で新しい学校に転校する。彼女はそこでカレン兄弟に出会う。ミステリアスな佇まいにどこか近寄り難いものを感じるベラだったが、兄弟の一人エドワードに一目惚れする。ある時、自動車事故に遭いそうになったところを彼に助けられ、その想いは益々強まっていった。しかし、彼にはある噂があった。ベラは先住民居留区に住む幼馴染から一家にまつわる”ある過去”を聞かされる。
DMM.comでレンタルする
goo映画
映画生活

ランキング参加中です。よろしければポチッとお願いします!

FC2ブログランキング
にほんブログ村 映画ブログへ人気ブログランキングへ


(レビュー)
 人間とヴァンパイアの禁断の恋を綴ったファンタジー・ロマンス。

 アメリカのティーンズを中心に熱狂的な支持を受けた原作とあって、今回の映画化には注目せざるを得ない。全五部作の構想で進められており、今のところ第二部まで製作されている。第三部は全米今夏公開ということだ。遅ればせながらその人気の理由が何なのか?探りを入れてみるつもりで第1作を見てみた。

 恋愛青春ドラマとしては非常にオーソドックスな作りになっていて、そこが同世代の共感を得ているのだろう。一昔前ならよくあるティーンズ・ムービーとして片付けられていたところを、本作にはヴァンパイアという今時のファンタジーの要素が織り込まれている。これがサスペンス、アクションといったエンタメ性を上手く演出している。娯楽性は豊富だ。恋するヴァンパイア、エドワードのニヒルな美形っぷりも、ある種アイドル映画的な造形を成し、人気の一役を買っていると思われる。学園ファンタジーを擁したラノベと同種の匂いを感じるが、ともかくもポピュラリズムに拠った作りは潔いと言える。

 但し、所詮は若年層をターゲットにした作りなので、映画の設定自体はかなりユルユルだ。ヴァンパイアの説明、ベラのキャラクター。いずれも”設定のための設定”に造形され、情報量としては浅薄。本来なら生死を分けるような切迫した葛藤ががあって然るべき所を、恋に恋する夢見心地に堕している。したがって、映画全体の印象は食い足りないものに感じられてしまう。ベラの葛藤をどこまで掘り下げる事が出来るか?そこが今後の課題&見所になっていきそうだ。
 また、色々と伏線の持ち越しが見られるが、そこも次作以降の宿題だろう。二人の寸止めラブはどこまで続くのか?そこがこのシリーズの鍵を握ると思った。

 奇妙なアクション演出は良かった。エドワードの蜘蛛歩きにはバカ映画的なノリも見出せるし、野球のシーンも同様のノリが感じられた。
[ 2010/05/29 03:20 ] ジャンルファンタジー | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://arino2.blog31.fc2.com/tb.php/587-c0ab268a