fc2ブログ










ミッドナイト・イン・パリ

冒頭からラストまでパリを持ち上げるW・アレン。マンハッタンは過去の都になりにけり?
pict150.jpg
「ミッドナイト・イン・パリ」(2011スペイン米)星3
ジャンルコメディ・ジャンルファンタジー
(あらすじ)
 ハリウッドの売れっ子脚本家ギルは婚約者イネズとパリにやって来た。ギルは今の仕事に見切りをつけてパリで小説家として新しい人生をスタートさせようと思っていた。しかし、イネズは今の安定した収入とハリウッドでの暮らしに未練があり意見を対立させる。そんなある日、レストランで偶然イネズの友人ポールと遭遇する。批評家をしている彼もまた、恋人同伴で講演会の仕事で来ていたのだ。ギルは彼のことを毛嫌いしていたが、イネズの手前一緒に食事をすることになる。その後、彼らと別れたギルは1人で夜のパリを歩いてホテルに帰ろうとした。するとそこに1台のクラシック・カーが現れる。それに乗り込んだギルは1920年代のパリにタイムスリップする。彼はそこでピカソの愛人アドリアナに出会い惹かれていく。
goo映画
映画生活

ランキング参加中です。よろしければポチッとお願いします!

FC2ブログランキング
にほんブログ村 映画ブログへ人気ブログランキングへ



(レビュー)
 ハリウッドの脚本家が1920年代のパリにタイムスリップするファンタジー・コメディ。

 監督・脚本はW・アレン。主演はO・ウィルソン。W・アレンももうすぐ80歳。さすがに自作自演とはいかず今回はO・ウィルソンに自身の投影とも言えるギルを演じさせている。これがほとんどアレンの完コピ演技で笑ってしまった。大仰なリアクション、どもる喋り方、うつむいた歩き方など、昔のアレンを彷彿とさせる。したがって、アレンが演じてなくとも、やはり今回のギルというキャラクターも過去の主人公同様、誰が見てもアレン自身に見えてくるだろう。

 相変わらずコンスタントに年1本のペースで作品を撮っているアレンだが、最近の物はどれがどれだかよく分からず、正直余りパッとしない印象である。ただ、これだけ多産してもそつなく作っているあたりは流石はベテランで、今回もクスクスと笑えるし、人生について色々と考えさせられた。

 今回はタイムスリップという要素を持ち込んできたところが新鮮であった。ギルはハリウッドでライターをしているが、ステロタイプで底の浅い非生産的な仕事にうんざりしてる。そして、芸術の都・パリを夢想する。その思いが通じたのか彼はひょんなことから1920年代のパリにタイムスリップし、フィッツジェラルド夫妻やヘミングウェイ、コール・ポーター、ピカソといった様々な芸術家、音楽家に出会い、まるで夢のような一時を過ごすようになるのだ。そして、彼はその中に一人の美しい女性アドリアナを見つける。彼女は方々の芸術家と浮名を流すファッション・デザイナー志望の女性で、ギルが初めて書いた小説を褒めてくれる。こうしてギルはイネズという婚約者がいながら、たちまち彼女のことを好きになってしまう‥。

 余談だが、現実と幻想をゴッチャにする物語でいうと、同監督作の「カイロの紫のバラ」(1985米)という作品が思い出される。「カイロの~」の主人公の主婦は暴力的な夫から逃れるようにして大好きな映画の世界を夢想する。そして、その思いが通じたのか、映画の中の憧れの男優が現実の世界に飛び出してきて彼女とロマンチックな恋に落ちるのだ。ちなみに、相手の映画俳優の名前は今作の主人公と同じギルという。夢想する者と夢想の対象。両作品のギルには立場の違いはあるが、単なる偶然とは思えない必然性も感じられる。仮に狙いだとしたら実に心憎い。

 さて、今回もW・アレンらしいウィットに富んだ会話、美しいパリの街並みなど、相変わらずのアレン節が発揮されている。
 ただ、肝心のラストについては少し口当たりが良すぎる‥という感じがしてしまった。伏線がきちんと張られているので論理的には受け入れられるのだが、夢想に決別した主人公に果たしてこの結末はどうだろう‥。かつてのアレンなら人生のほろ苦さみたいなシニカルな眼差しが入ってきてもおかしくないような気がする。
 むしろ、同じ夢想との決別ということで言えば「カイロの紫のバラ」の結末の方により説得力が感じられる。夢に裏切られ再び過酷な現実に向き合っていくという真摯さが、映画を噛みしめる歯ごたえに繋がっているからだ。

 尚、SF的な考証については突っ込み不要ということで見てあげよう。なぜあの時間にあの場所に迎えの車が来るのか?それは永遠に謎である。したがって、厳密な意味では今作はSF映画とは言い難い。例えば、過去を変えることで現在が変わるというような、SF映画ではお馴染みの問題も登場してこない。あらかじめナンセンスなファンタジー映画として割り切って見るべきであろう。
[ 2012/06/02 04:11 ] ジャンルコメディ | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://arino2.blog31.fc2.com/tb.php/952-6d3f5df7